DMなどの販促物発送に関する注意点など

DMは企業にとって重要な宣伝物ですが、各種販促品を同梱させるケースも増えています。従来DMは手早く、安く送る手段として利用されるケースが多かったのですが、発送コストが下がっていること、はがきだけでは効果がでないケースがあることから販促品も同梱させて注目を集めることが行われています。この場合、従来のDM発送とは考え方が若干変わってきています。DMといえばデザインデータを送れば終わりというイメージを持つ方が多いのですが、同梱の場合は封筒の印刷もこだわる方が多く、手間をかけてDMを作成するケースが増えています。販促品については説明書きを同梱することが多いのですが、そちらについてもしっかりとデザインするケースが増えており、校正に時間がかかるようになってきています。

DMで同梱品を含めて発送する効果

DMははがきがメインの販促物ですが、封筒にしてさらに多くの販促品を提供することが多くなっています。販促品については既存商品のカタログが多く利用されますが、中にはDMのために専用に作った販促品を入れるケースも多くなっています。郵送されるケースが多いですが、比較的自由に発送できるようになってきており、DMの自由度が格段に上がってきています。販促品としては紙面が多いですが、高さがそれほどなければプラスティック品などの販促品を同梱するケースも増えています。このようなDMは発送業務を依頼すると高額になりやすかったのですが、コストダウンが図られており、パックで依頼する企業も増えてきています。その場合は郵送料もカットされることも多くなっておりコストダウンに繋がると注目されています。

DMの発送までの手順と注意点について

DMは宛名データと印刷用のデザインデータを送れば発送までやってくれるサービスが人気です。特に量が多い場合に利用されるケースが多くなっています。データの転送についてはCDROMの他、インターネット経由で発送することもできるようになっており、速度面でも格段に進歩しています。ただし、データについては色の差が出やすい部分が大きいので指定されたフォーマットを利用すること、色の確認は校正段階でしっかり行うことが大事です。色についてはCMYKを利用すれば解決する部分が大きいですが、ディスプレイ調整も必要になるケースも多くあります。特に写真をデータに利用した場合は色の調整をしっかりしたいところです。データが適切に転送されれば他の業務は任せても安心な印刷業者が多くなっています。