DMなどの販売促進物発送を行うにはまず何が必要かを解説します

DMなどの販売促進物を発送するには、あらかじめ準備しておくものがいくつかあります。意外と流れが詳細に分かれているのですが、通常通り業者にある程度の作業を依頼するのであれば準備は大きく2つに分けられます。1つは発送先であるお客様のリストで、住所などの個人情報に加え合計何通発送するのかを把握しておく必要があります。先に顧客分析などを行い、発送先を確定させておきましょう。もう1つは発送する実物である印刷物です。自社で印刷する場合と、業者に依頼して印刷もしてもらう方法があります。この2つを準備しておけば大抵の流れは完了させることが出来ます。DM発送はスケジュールを守ることも非常に重要ですので、自社で行う準備の作業は早めに行っておくのが良いでしょう。

発送する印刷物を準備しておきましょう

まずは、発送する郵便物の印刷を行うことです。これは自社でプリンターを使用して準備する方法と、業者に依頼して印刷してもらう方法の2つがあります。自社で行う場合は、クオリティの高い印刷物を作成するためにプリンターの準備が必要ですし、インクの経費も案外かかることが多いので300枚程度の少ない場合がいいでしょう。次に、業者に依頼する場合には締め切りまでにデータの納品をメールなどで行う必要があります。あらかじめ納品方法を指定されますので、それに合わせたデータを作成し送付しましょう。間違いがないかどうか、必ず複数人でチェックする必要があります。基本的に業者側はデータの中身についてはチェックしてくれません。デザインも含め全て依頼する場合はその辺りもやってくれます。

発送する郵送業者を策定しましょう

次に、郵送業者を決めましょう。現在日本で利用されているサービスは主に2種類で、1つは日本郵便、1つはヤマト運輸のクロネコDMというサービスです。どちらもかかる日数はほとんど変わりなく、サービス内容もほとんど同じです。ただし、発送する部数が多ければ日本郵便は割引サービスを受けられるので少し安く利用することが出来ます。また、郵便物が到着しなかったとき(引越しなどで)、転送するサービスがついているのがとてもいいです。クロネコの場合は転送がなく、そのまま「届きませんでした」ということで自社へ返送されてくるのでその分の経費が無駄になってしまいます。ただし、クロネコには郵便追跡サービスがついているので郵送中にDMがどういった状況なのかを随時確認することが可能です。